2017年9月18日 (月)

久しぶりに秋葉原で試聴 ~ イヤホン聞いてみました ~

知らない間に、FiioのX7 mk2が発売されていたのですね
X7もES9018SをDACとして搭載していましたが、MK2ではES9028PROにアップアップグレードされているそうです。
さぞ、良い音が出るのでしょうね。
電波法の関係で、相変わらず日本に適合していなさそうなので、販売店からの発売を待つしかないです。
とは言え、MK2で標準搭載されたAM3Aには非常に興味があります。
AM3はどうやっても、ノイズをなくせなかったので後継のAM3Aはきっと対策がされているだろう…という淡い期待があるからです。
早く、日本でも発売しないかなぁ

と、さて今日は久しぶりに、秋葉原で気になるイヤホンを聴いてきました。
最近カスタムIEMばかりで、ユニバーサル系に興味が行かなかったということもありますが、ダーツが忙しくてなかなか物色できなかったからでもあります。
ということで、少し時間ができたので、気になく機種を一気聞きです( ̄ー ̄)ニヤリ

【試聴リスト】
※機器はSONYのWM1Aです。

①AZLA AZLA Lunatic Silver
 とても良かったです。今回の中では1番かもしれません。
※もちろん価格比という意味も含まれていますが・・・
 少し筐体が大きいので、フィット感は少し良くないかもしれません。私は幸運なことに、それほど違和感はありませんでした。
 低音~高音まできれいに伸びている感じです。思ったほど低音は強くはないです。全体的に繊細な感じかと。
 価格比では、満足度が高かったのですが、買い増ししようという気持ちは起こりませんでした。

②beyerdynamic XELENTO REMOTE
 ダイナミック1発の音とは思えない良い音ですね。以外と低音が気になりました。
 筐体は小さめで、耳の奥まで問題なく入りますし、しっかりと保持されているんで装着感は良好です。
 家では、T1 2NDを使っているのですが、イヤホンは音の広がりが、やはり狭い感じがしますね。
 あと、ちょっと高いですね。値段が。

③IRIVER Astell&Kern IEM-JH Audio THE SIREN SERIES-LaylaII
 JH Audioのフラッグシップイヤホンですね。昔から1つはJHのイヤホンが欲しかったので、一応聞いてみました。
 他のJHの機種と違い、思ったほど低音は出ていませんでした。スタジオモニタ用ということで、フラットな音に仕上げているのでしょう。
 さて、音は良いです。この価格帯であれば音は良いですよね。
 一番の問題は、装着感です。この筐体でかすぎです。よほどちゃんとイヤーチップを選ばないと、落ちます。
 フィット感があまりよくないので、この機種を購入するのであれば、カスタムの方が良いと思ってしまいました。
 購入するなら、費用対効果を考えると13v2当たりが良いかなぁと思いました。

④Campfire Audio ANDROMEDA
 この機種は、とても分かりやすい良い音がします。音の広がりも十分で、高音から低音までしっかりと鳴らしています。
 特に、音の広さが秀逸です。今回一番わかりやすく良い音のイヤホンだと思いました。
 売れている理由も良くわかります。
 筐体の大きさも自分には問題ありませんでした。ちょっと、角ばった形をしている割に、装着感は良好です。

⑤64 AUDIO tia Fourte
 今回一番よくわからなかった機種です。しかも最高値!
 一聴してのすごさは感じませんでした。音量取れてなかったような感じでしたし、第2の鼓膜に慣れてなかったせいかも。
 流石に40万円出そうとは思わなかったです。

⑥Ultimate Ears UE18+Pro
 これといって印象に残らなかったです。なんだか、ueとは相性が良くないのかもしれませんね。
 薄々とは気づいていたのですが、今回決定的になった感じです。
 ※ue好きの皆さんすみません。こればかりは主観の問題なのでご勘弁ください。

 

とりとめなく書いてきましたが、お金に制限がないならANDOROMEDA、コスパではAZLAかなぁ
少しの試聴なので、じっくり聞くと印象が変わるかもしれませんが、ファーストインプレッションということではこんなところでしょう。
また、時間が出来たら再試聴に行きたいと思います。

«2017ポタ研行ってきました ~ Fiio X5 3rd買ってしまった編 ~